彼等に出会ってかれこれ半世紀       
                                                                                                         
                                                                              HOME


  
 「アクロス・ザ・ユニバース」の後遺症」
 
 昨年12月8日(ジョン・レノンの命日)、NPOこうちコミュニティシネマさんと映画「アクロス・ザ・ユニバース」を上映しました。ビートルズ倶楽部としては、映画上映は久しぶりで’90年に「イマジン」を上映した時の熱い嵐を想い出しました。

たくさんの方から感想を頂きましたが、やはり団塊世代の方の熱い思いが印象的でした。団塊世代はこの映画の背景にある’60年代〜を、リアルタイムに駆け抜けてきたものですから、その思い入れもひとしおだったと思います。

 それにしても、この監督(ジュリー・テイモア:1952年生まれ)のアイデアは見事でした!ラブ・ソングから政治的メッセージが込められた歌まで、厳選されたナンバーを監督自身が感じたイメージで織り上げ、それを俳優(歌がみんな旨い)が見事に演じていました。本当に何回観ても飽きません。(この拙文を書くために、11回目を観てしまいました。)

特に、初期のラブ・ソング(all my loving/hold me tight/if I fell)なんかは当時好きだった女の娘を想い出し、涙腺を止めるのに苦労しました。ジョンさんは「本当に良い歌は、メロディーがなくても歌詞だけでその価値を見出せる歌であり、それに該当する曲こそが、アクロス・ザ・ユニバースである。」と言っています。

勿論、「アクロス・ザ・ユニバース」の歌詞も素晴らしいのですが、ビートルズの歌からは“人生の愛や喜び悲しみ、”が自然に伝わってきます。みなさんが共感し、勇気を貰えるのはそんなところじゃないでしょうか!?

この映画の後遺症がまだまだ続いています。ビートルズ映画の中では、かなり印象に残る映画の一つでした。

ただ残念なことに、「All You Need is love」の訳詞はまったく逆のネガティブな意味になっていました!!<東北新社殿>
例えば、There’s nothing you can do that can’t be done 映画では、“できないことは、できないし”と訳す。正しくは、“あなたがやろうとして、できないことは何もない”All You Need is love 映画では“愛こそすべて”と訳す。正しくは、「それを実現するために、あなたに必要なものは愛」です!
 
 
2010.10 あれから10年
 ロンドン・リバプール・・・
 
ARCHITECTURE
・活動エリア
・土佐のまちづくり
COMPUTER
・Web設計
・森林GIS/CADサポート
 
BOOK
・「届かなかった手紙」
樋口真吉伝 南寿吉著
MUSIC  
・ビートルズ倶楽部  
・高知街ラ・ラ・ラ音楽祭
AGENCY  
・NTT西日本-四国
・アット・メール
CONTACT
・ご相談フォーム
・ご質問メール
       

     更新日:2010.3.22



 

 

寺子屋建築実例集家づくりの流れプロフィール土佐のまちづくり受賞歴ホームリンクメール
 有限会社テラ 一級建築士事務所 代 表: 森  薫 住所:高知市横内217-55 tel:088-843-0489
■Copyright©2010 terra-house All right reserved■